mote.jpg
モテる髪型オーダーBOOKに掲載されました!

2013年07月23日

一の沢から大天井、常念ピストン

ちわーーーー!
全国3千万の店長ファンのみなさまこんにちは!!!

その他の登山のお時間ですw



先日、中学の同級生から急に「店長、山やるなら一緒に行こうよ!」と誘いを受け
急遽、7月22日(月)に山を計画

今回は、一の沢からの大天井、常念のピストン
総距離23キロのロングトレイルです

日曜の夕方5時、福井を出発
途中、レストランでゆっくりと食事をとり登山口へ
登山口へは10時過ぎくらいに着いた

登山口の駐車場が7台ほどしか停められないとの情報だったが
駐車場以外にも路上に停めれそうな場所がいくつもあった

11時就寝(ほぼ寝れずw)

4時 隣の車の慌しさで目を覚ます
つられて準備をし、4時40分駐車場を出発した。


天気予報は昼過ぎからは雨
できるだけ早く登る事にする。

一の沢からの登りはその名のごとく、沢を登るような感じ
胸突き八丁まではずっと沢沿いを登っていく

沢沿いなので風が冷たくとても気持ちよく登れる

最後の水場を過ぎてからは急登

と言っても、そんなに長くはない。あっという間に常念小屋に到着した


7:15 常念小屋

画像 027.jpg
午後から天気がくずれるなんて嘘のような常念岳

そのまま急ぎ足で大天井へと向かう

画像 035.jpg
穂高方面の上部は雲に覆われている
みんな槍を見たかったんだろうなぁ〜

画像 049.jpg
大天井に近づくにつれてガスがかかり始め
時よりパラパラと雨が体を濡らす
それでも気になるほどではない。アウターだけを着て先へと急いだ


画像 055.jpg

9:35 大天井岳山頂 
あいにくガスで周りは見えず。。。

山頂にいた燕山からの女性2人としばらく談笑し大天井小屋へ
小屋で食事を取るも、寒いやら疲労やらであまりお腹に入らない(;´д`)トホホ…

無理やりパンを温かいコーヒーで流し込み常念へと足早に戻り始める

11:50 常念小屋
少し休憩をし山頂を目指す

画像 067.jpg
12:50 常念岳山頂
大天井からはずっとガスがかかり、常念山頂にもガスがかかる

常念小屋前で少し休憩をし一の沢を目指そうとしたら
大天井で出会った女性2人が^^

なんでもメディカルボランティアで常念診療所へ来たらしい
しかも別府からw
こんな人たちに楽しい登山が支えられているんだなぁ〜なんて考えてました(〃 ̄ー ̄〃)

っと、時計を見ると良い時間。
あまり長い禁物。美女2人との談笑も楽しいですが、帰れなくなりますwww

慌てて常念小屋を出発し一の沢を目指します

14:00 常念小屋出発

ここから長い長い下山の始まり
距離は5.6キロとか書いてあったが足がヤバイ

こんな長い5キロは初めてだったかも^^;


16:10 一の沢駐車場

11時間にも及ぶ、大天井、常念ピストンのロングトレイルが終了した






posted by 店長 at 17:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他登山

2013年07月03日

白馬岳(テント泊)

待ちに待った7月の連休

北岳にしようか、白馬にしようか迷ったあげく白馬にした
だってへたれだもーん

日曜日、仕事を少し早く終わらせいざ糸魚川
糸魚川からは下道を白馬まで

3時間半で白馬についた。

終わりがけのレストランへ1人で入るw
ええ。結構勇気いります

おすすめだと言うオムライスを急いで食べて、前泊用のホテルへ
この頃から白馬は雨だった(´・ω・`)/~~

事前にあまり調べもしないで行き当たりばったりの旅
じゃらんで調べて電話。1つ目で決まった^^v

なんでも、源泉かけ流しの宿らしい
素泊まりは5000円。高いのか安いのかわからない感じだが
足早に温泉を堪能し翌日に備えベットにもぐりこむ



7月1日(月)
昨日の夜降っていた雨もあがり、まずまずのお天気
朝一番でもういちど風呂に入り支度を済ませていざ猿倉へ

7:20 猿倉
IMG_3591.JPG

すでに5〜6台の車が停まっていた

天気予報は夜からの雨。早めにテントを建てたい。急いで出発する

猿倉からは砂防工事ようの砂利道を1時間ほどあるく。

途中、作業車に抜かれた

IMG_3596.JPG

砂防工事用道路が終わるといよいよ登山道が始まる

IMG_3599.JPG

昨晩の雨のせいか、水量も豊富でとても気持ちよさそう

IMG_3603.JPG

この先からいよいよ大雪渓の始まりだ!


8:30 白馬尻小屋
IMG_3607.JPG

おっかれさん!の石碑が迎えてくれる^^
思わず「なーんもにんならんざ」と福井弁で返したい気分だw


ここでアイゼンを付けて大雪渓を進む

落石も多いが雪割れも多いΣ(・ε・;)

広いところで1m以上。テントを背負って飛び越えるにはかなりの勇気が必要な場所も・・・

IMG_3614.JPG


大雪渓の中腹からだんだんと雲行きが怪しくなってくる・・・

その分、気温が下がり歩きやすいが景色は楽しめない・・・

IMG_3619.JPG

修行をしているんじゃないんですよね???^^;

無事大雪渓を上りきり、一息ついた頃
ようやく雲が晴れてきた!

と、脇に目をやるとハクサンイチゲ
IMG_3632.JPG
こんなところにもハクサンがいます^^

みなれた花に少し安心感

IMG_3642.JPG

この日、唯一の青空・・・


12:50 白馬村営山頂宿舎
テントの受付を済ませて小屋の人と明日の相談

明日の予定は白馬鑓温泉で猿倉
しかし、まだ道を付けていないのでかなり危険だとのこと。
先日、小屋の人間が行ったらしいが怖かったとのこと。
なんて聞いたらテント背負って行けるはずねーじゃん(;´Д`)

あっさり諦めて、大雪渓のピストンに変更w

もはややけくそ的な値段の1本700円のビールを買ってテント場へ

テント場には既に1張。場所を慎重に選び我が家を建てる


と。。。ポツポツ。。。

雨が降り出して何にもする気になれない^^;
おにぎりを食べてしばしお昼寝タイム

が。いっこうに雨がやまず夕方に

IMG_3654.JPG

途中、キツネがテント付近を物色w
夕方、雨が上がったのを見計らって夕食の準備
カルボナーラをそそくさと食べ、就寝wwww

ええ、結局寝ただけですw

7月2日(火)

4時にテント周辺を歩く足音で目を覚ます
テントから外を見ると、昨日の雨が嘘のよう!
急いで支度をして白馬岳山頂へ目指す!

待ってろよ〜ご来光!


4:47 御来光

IMG_3665.JPG

旭岳に写る御来光

まさかのご来光に間に合わないパターンですwwww

いったい今回は何をしにきたのやら。。。


5:00 白馬岳山頂

IMG_3674.JPG

時よりガスもかかるが比較的、視界がきいた
遠くは槍ヶ岳も見ることができた(写真中央ですがクリックしても大きくはなりませんw)

当初は小蓮華の方へも足を伸ばそうかとも思っていましたが
なんせぐだぐだな山行。今日は素直に下山します


テン場へ戻ると、皆さんテントを撤収していた。
1人は栂池方面へ、もう1人は店長と同じ予定だったらしいがやはり諦めたとのこと

店長もテントを片付け下山を開始


7:40 白馬村営山頂宿舎を出発

昨日とは違って比較的いい天気
景色を望みながらの下山となった

IMG_3706.JPG
この長い大雪渓を登ってきたんだな〜


途中雷鳥を発見(中央。クリックで大きくなります)
IMG_3718.JPG

降りてきた大雪渓を振り返る
IMG_3737.JPG

10:15 白馬尻小屋


いけなかった白馬鑓へと続く道
IMG_3758.JPG


11:30 猿倉
無事下山となりました。


その後、気になった長野オリンピックのジャンプ台を見学してから家路につきました

IMG_3767.JPG
posted by 店長 at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他登山